格安で挙げることができる結婚式場の情報が満載

ゲストの席を示すもの

式場

ルールと工夫できる点

席札とは、披露宴会場においてゲストの席を示すためのものです。披露宴会場で最初に目にする制作物であり、持ち帰ることも多いため、それなりに手間暇かけたものにするのがおすすめです。とはいっても、やたらと凝ればよいというわけではありません。忙しいカップルではなかなか手が回らないという場合もあるでしょう。大切なのは形よりも気持ちです。席札の基本的なルールをおさえた上で、気持ちのこもった席札を作りましょう。席札はゲストの席を示すものなので、ゲストの名前を記載します。その際、ゲストの名前に「様」をつけることを忘れないようにしましょう。家族に敬称はつけないのが通常です。親族には敬称が必要とされています。十歳以下のお子さんがいる場合は、男の子なら「くん」、女の子なら「ちゃん」をつけましょう。ローマ字やひらがななど、少し変わったテイストで記名をするのも悪くありませんが、あくまで席を示すものという目的を忘れないようにしましょう。読みにくくなり、席の判別がしにくくなっては本末転倒です。素材は、紙以外にも、花を添えたり、布を使ったり、木材を使用したりと様々なバリエーションが考えられます。他のペーパーアイテムとトータルでコーディネートしたり、会場の雰囲気にあわせてそろえると素敵なものになります。表面には名前を書きますが、裏には来てくれたことへの感謝を添えると気持ちが伝わる素敵な席札になります。時間があれば手書きでメッセージを書くとより喜ばれます。